CiNii Researchの本公開について

地盤の熱伝導率を求める熱応答試験のための多項漸近解を用いた逆解析法

この論文をさがす

抄録

type:資料

熱応答試験は地盤の熱伝導率を求める方法として広く用いられてきた。しかし,従来の方法は,熱応答試験データの解析に用いられているケルビン線源関数の指数積分E(X)のべき級数展開のうち最初の2項のみを利用しているため,パラメータの同定精度が悪くなることがある上,試験時間を長くとる必要があった。ここでは,より高次項までを評価し,熱伝導率とともに体積熱容量関連パラメータも同時に同定できる逆解析法を紹介する。本法を用いると,TRTの早期データも利用できるため試験時間が短縮できるうえ,正確に熱伝導率が評価できる。そこで,本法の土壌物理分野への応用を念頭に,様々な条件下にあるフィールドに適用された事例を紹介する。

identifier:900845

identifier:ZZ00015000

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ