CiNii Researchの本公開について

道徳の授業における対話をとおした児童の変容を把握するための評価方法の開発(Ⅰ) : 小学校高学年を対象とした対話活動用ワークシートを用いた評価方法の開発

書誌事項

タイトル別名
  • Developmental study of evaluation procedure for grasping children’s morality maturity through dialogue in moral lesson : Development of evaluation procedure using a dialogue work sheet in the sixth grades at elementary school
  • ドウトク ノ ジュギョウ ニオケル タイワ オ トオシタ ジドウ ノ ヘンヨウ オ ハアク スル タメノ ヒョウカ ホウホウ ノ カイハツ 1 : ショウガッコウ コウガクネン オ タイショウ トシタ タイワ カツドウヨウ ワークシート オ モチイタ ヒョウカ ホウホウ ノ カイハツ

この論文をさがす

抄録

type:論文(Article)

本研究は,道徳の教科化に際して導入される評価の方法についての開発研究である。本研究では平成29年6月発行の学習指導要領解説に沿って,児童の学習状況の変容を評価するための方法を開発した。具体的には,学習状況としてワークシートの活用を取り上げた。ワークシートには現在,活用されている水準以上の可能性がある。本研究では,対話活動をとおして思考力の育成を目指すワークシートを開発した。そして小学校6年生を対象とした4回の検証授業を経て,ワークシート上に反映された児童の変容を把握する方法を開発した。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ