【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

過去15年間の業務量調査 : 分析からみえたもの

書誌事項

タイトル別名
  • An investigation of nurses' workload during past 15years : New findings from the analysis

この論文をさがす

抄録

過去15年間の業務量調査の分析から「診療・治療の介助」の時間が年々減少している。そこで,15年間の看護の動向と現在の看護場面の聞き取り調査からその意味することを検討した。その結果,看護師が創傷処置時にベッドサイド不在であることがわかり,患者の擁護者たるべき立場の希薄化がみえた。「診療・治療の介助」の中での看護者としての役割を認識し,チーム医療,倫理的視点に立った業務が捕らえられるようになることが必要だと考えられた。

Article

信州大学医学部附属病院看護研究集録 33(1): 190-196(2004)

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ