CiNii Researchの本公開について

末期癌患者の在宅療養移行への関わり : IVHを挿入したまま退院した1症例

書誌事項

タイトル別名
  • Nursing Care for a patient with terminal staged cancer : Support on his leaving from hospital Intravenous hyperalimentation

この論文をさがす

抄録

type:Article

死と直面している患者が,ターミナル期において,患者,家族が満足の得られる時間をどのような環境で過ごすことができるかはとても重要であると考える。在宅医療・在宅看護・在宅死が患者のQOLや医療費等の論議の中で重視されるようになって久しいが,実際に在宅療養を行うには,それを支援する医療環境を,患者・家族側医療側ともに整えていかなければ家庭に帰ることは難しい状況である。今回,入院早期から家庭での死を望み,家族の協力と社会資源を利用することで,IVHを挿入したまま家庭に帰り,死を迎えられた症例をとおし,看護のかかわりを見直すとともに,在宅療養しいては在宅死を可能にする要因について患者・家族側,医療側に分けて検討を行った。

identifier:信州大学医学部附属病院看護研究集録 28(1): 61-65(1999)

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ