CiNii Researchの本公開について

Studies on the Protein Patterns and Free Amino Acids in the Serum of Laying Hen

書誌事項

タイトル別名
  • 産卵鶏における血清蛋白質ならびに遊離アミノ酸含量の変動について

この論文をさがす

抄録

type:Article

1. Using liquid chromatography with CMC and paper electrophoresis the variances of the laying hen's serum protein patterns influenced by feeding condi-tions; fasting, formula ration and semi-purified diets (10 % and 20 % protein levels) feeding were investigated and discussed. 2. Thirteen fractions were demonstrated by means of liquid chromatography. Fraction A, which seemed to involve mucoprotein, strikingly reduced through fasting. Fraction D seemed to be lipoprotein, and showed characteristic variances on laying. Fraction F seemed to involve the characteristic protein for egg production. Other fractions fairly changed through feeding conditions and egg-laying. 3. According to the electrophoretic analysis, fasting brought about a considerable increase of the A/G ratio as the result of a progressive decrease in the gamma globulin fraction. Moreover, when hens were fed with the 20 yo protein level semi-purified diet, reduction of albumin, in the both analyses, electrophoresis and liquid chromatography, was observed. 4. Free amino acid analysis of serum by paper chromatography showed some increase of leucine (isoleucine), cystine, serine and histidine on fasting for 48 hours, but glutamic acid and glycine showed a tendency to decrease slightly.

種々の飼料条件が産卵鶏の血清蛋白質のパターンならびに遊離アミノ酸含量におよぼす影響を調査する目的で本実験を行なった。供試鶏としては白レグ産卵鶏を用い,これの絶食時ならびに慣用配合飼料,半精製飼料(蛋白質源として卵白粉を用い蛋白質含量を10%および20%の2種類に調整した)給与時における血清蛋白質パターンを濃度勾配法による液体クロマトグラフィーおよび電気泳動法により,また遊離アミノ酸は二次元ペーパークロマトグラフィーによりそれぞれ調査した。その結果は以下のごとくである。1.血清蛋白質は液体クロマトグラフィーにより13のフラクション(AからNまで)に分割され,そのパターンは飼料条件や産卵状況によりかなり異なった。すなわち絶食により,フラクションAが著しく減少したが,産卵中にも同様な傾向が伺われた。フラクションCは血清アルブミンが主体と考えられるが,条件による変動は少なかった。フラクションDは産卵中の血清において多くみられることから産卵に関係する蛋白質と考えられた。フラクションFは逆に産卵中において多く消失した。2.絶食によりA/G比(アルブミンとグロブリンの比率)はかなり増加した。これはγグロブリンの滅少によるものと考えられる。なお半精製飼料(20%蛋白質レベル)給与時においてはアルブミンの減少がみられた。3.48時間の絶食によりロイシン(イソロイシン),シスチン,セリン,およびヒスチヂンがやや増加したが,グルタミン酸とグリシンは逆に幾分減少した。

identifier:信州大学農学部紀要 5(EX): 145-154(1968)

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ