【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Current Copula and Negative Questions : When We Use Them…Ways to Teach Them…

この論文をさがす

抄録

type:P(論文)

第二言語学習において,学習者は外国語の表面的な要素しか教えられないことが多い。彼らは,様々な文法上の語類を識別することや,様々な語の発音方法を教わったり,さらには,教師が覚える価値があるとみなす様々な発話を練習する機会を与えられたりする。しかし,その発話の機能(いつ,どこで,なぜ,どのようにして)は,教師からは見過ごされ,学習者には理解されないことが多い。このことを示す良い,しかし教えるのが難しい例として,現在連結詞(current copula)と否定疑問文(negative question)の2つが挙げられる。これらは,五感に対する刺激への直接的な結果として発話されることが多い。つまり,英語の現在連結詞(current copula)および否定疑問文(negative question)の言語機能は,個人の目,鼻,耳,口,皮膚への刺激の結果もたらされる類の発話であることが多いのである。以上を踏まえ,本稿では次のことを目的としている。まず,自然な,現実に使われている現在連結詞(current copula)および否定疑問文(negative question)を教授する方法を日本で活動している英語教師に提供する。次に,これらの発話の機能を浮き彫りにする。そして,最後に,教える発話の背後にある動機についてわれわれ教師が深く考察し,その上でその知識を生徒に伝えていくことを奨励する。

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ