CiNii Researchの本公開について

A Study of Learner Attitudes and Perspectives in Japanese Communicative Language Teaching EFL Contexts

この論文をさがす

抄録

type:P(論文)

アジア諸国(台湾,タイ,韓国,日本),そして最近では中国の英語教育の現況として,コミュニカティブ・アプローチ(コミュニケーション能力上達に重点をおく教授法)の採用に,より一層,取り組む傾向が挙げられる。そしてその傾向は,各国それぞれの省庁により推進されている英語教育カリキュラムの変更により確認出来る。これらの教育改革の影響は,最終的に学習環境それ自体を分析することにより,その正当性を判断しなければならない。何故なら,EFL(外国語としての英語)教育に於いて,CLT(コミュニケーションに関する言語教授法)の導入に際し,様々な障壁を示す数多くの研究結果が存在するからである。CLTの導入に関して,教師の認識を評価する研究は幾つもあるが,実際の授業内容に対する生徒の考え方や認識まで考慮したものは,残念ながら限られている。従って,この研究では,EFLを学習する日本人学生の授業内容に対する考え方や認識を,主として'meaning-based'(CLT,コミュニケーションに関する言語教授法)と'form-focused'(文法訳読式教授法)に分類して調査して行くこととする。この論文は,生徒が必要,又は要求しているものと,今まで体験して来た授業内容との問の不整合を浮き彫りにしている。しかし,生徒がCLTに対し,切望しているとは言えないまでも,純粋に興味を示していることも明らかになる。よって,CLTは,その内容が正確に解釈され適切に統合されれば,現在のアジア文化圏にとって他の文化圏同様に,近年導入されている英語教育カリキュラムの変更を単に後押しするだけのものに止まらず,最適で有効なものだと言えるであろう。これらを視野に入れ,改革の局面にあるアジア諸国のEFL教育は,(学習環境において成功をもたらすよう)授業での教授法と生徒の考え方との間の建設的な橋渡しに向けで慎重に邁進していく必要がある。

There is a challenged movement toward the adoption of a more communicative approach to English language learning in Asian contexts, in particular, Taiwan, Thailand, Korea, Japan, and more recently-China. Such is evidenced with the curricular changes undertaken by the respective ministries within the region. The impaction of these policy reforms must eventually be validated through analysis in the learning environment itself, as there is in existence considerable research findings demonstrative of the various barriers related to the implementation of communicative language teaching (CLT) in EFL contexts. Although there are a number of studies that assess teachers' perceptions in adopting communicative language teaching practices, only a limited number have taken account of learner attitudes and perceptions with regard to classroom practice. This paper investigates Japanese EFL learners' attitudes and perceptions with respect to classroom practices identified as primarily meaning-based and form-focused. my research reveals a mismatch between learner preferences, as well as their reported experience of classroom instruction. There is clear evidence of a genuine interest in, if not desire for, communicative language teaching, which should not only proffer support for the curricular changes recently implemented, but also to the idea that CLT, if correctly interpreted and adequately integrated, is no less appropriate for modernizing Asian cultures than it is in the context of so many others. With a view to such, Asian EFL contexts-in-reform need to work toward a constructive bridging of classroom practice with the attitudes of young learners-that is, if the stakeholders are to realize successful change in the learners' environment.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ