CiNii Researchの本公開について

LiF (5.2wt%) を添加したロウ石のムライト化反応

書誌事項

タイトル別名
  • Mullitization of R^^-seki Ore with an Additive of LiF (5.2wt%)
  • The Ceramic Society of Japan

抄録

鉱化剤を添加した低品位カオリン(セリサイト:15.1%、カオリナイト:19.6%、石英:38.5%、パイロフィライト:26.0%)の低温におけるムライト生成の機構を考察した。試料(2g)を700°~1200℃で90日間焼成し、ムライト生成量はX線内部標準粉末法で定量した。ムライト生成量(αi)と焼成時間(t)の対数と関係は以下のようになった。700℃:α1=-4.3+2.3logt(t=72~1300h) 900:α4=-0.5+3.0logt(t=15~1000h) 1050:α6=2.0+3.1logt(t=1~700h) 1200:α8=8.9+4.2logt(t=1~25h) X線及びDTA測定から鉱化剤を添加した低品位カオリンの低温でのムライト化反応もAl-Siスピネル相を経過することが明らかになった。反応の活性化エネルギーは950℃以下で10.3kcal/mol、950℃以上で65.8kcal/molと求められた。

Mullite formation at low temperatures from low grade kaolin (Roseki) with the addition of mineralizer (LiF) was described. Smaples were sintered for 90 days at 700°~1200℃. Mullite yields of the samples were measured by X-ray internal standard powder method. Ralations among mullite yields (αi) and logarithms of sintering time (t) were represented as follows: 700℃:α1=-4.3+2.3logt(t=72~1300h) 900:α4=-0.5+3.0logt(t=15~1000h) 1050:α6=2.0+3.1logt(t=1~700h) 1200:α8=8.9+4.2logt(t=1~25h) It becomes apparent that reaction of mullitization of low grade kaolin containing mineralizer at low temperatures proceeds through the stage of Al-Si spinel phase. Activation energies of the reactions are 10.3kcal/mol at below 950℃ and 65.8kcal/mol at above 950℃.

identifier:窯業協会誌, 89(1027), pp.156-159; 1981

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050005822262840448
  • ISSN
    0009-0255
  • Web Site
    http://hdl.handle.net/10069/23592
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ