【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

COVID-19予防・検疫措置が企業活動に与えた影響

書誌事項

タイトル別名
  • Impact of Prevention and Quarantine Measures of COVID-19 on Activities of Enterprises (Summary)

抄録

モンゴル政府は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して、2020年1月26日に第30号政府決議を採択し、すべての学校、幼稚園、職業教育訓練機関、図書館、映画館、文化・娯楽施設、スポーツ競技場、インターネットカフェ、ゲームセンター、その他の公共施設を1月27日から3月2日まで閉鎖した。 これを受けて、モンゴル国家統計局は、COVID-19の予防・検疫体制が、企業や家計にどう影響しているかを2020年4月1日から5月20日にかけてオンラインでアンケート調査「COVID-19の予防・検疫措置による企業活動への影響調査」を行った。アンケートには、2402社の企業が参加した。回答した企業のうち、1113社(46.3%)は「正常に稼働している」と回答し、1289社(53.7%)は「正常に活動できていない」と回答した。政府の措置が事業に特に影響した部門であったのが、卸売・小売業ならびに自動車およびオートバイの修理業、宿泊・飲食サービス業であった。さらに、フル稼働で活動できていないと回答した企業のうち、1538社(89.8%)の企業は、それが政府の措置の結果であると回答した。このような回答をした企業の比率は、卸売・小売業ならびに自動車およびオートバイの修理業は22.1%、宿泊・飲食サービス業は11.8%、教育は10.8%であった。また、2234社(93.0%)は、事業継続に問題が生じていると回答した。企業が指摘した問題としては、財務問題(48.2%)、顧客の急減(44.9%)、従業員の賃金・社会保険の支払い(27.8%)、ローンの元利返済(23.8%)、検疫期間の終了までの活動中断(22.0%)、生産およびサービスの急減(19.3%)があげられる。さらに、2036社(84.8%)が政府の措置によって収入が減少したと回答した。減少幅は、「50%以上」が899社、「41~50%」が322社、「31~40%」が276社、「21~30%」が260社、「11~20%」が166社、「10%以下」が123社であった。アンケート調査からは、卸売・小売業ならびに自動車およびオートバイの修理業の企業が最も著しい収入減を被ったことが明らかになった。860社(35.8%)は従業員に有給休暇を付与し、在宅勤務の条件を整えた。ローンの返済を延期した企業は360社(15.0%)であり、2042社は延期しなかった。調査開始時点では、政府の経済・生活支援策や感染防止措置は導入したばかりであったため、予防・検疫措置を実施する企業の数は比較的少なかった。調査では、コロナ対策の導入後、事業が正常な状況に戻るまでに時間が必要であることが明らかになった。631社(26.3%)は3カ月以下、442社(18.4%)は3〜6カ月、341社(14.2%)は6〜12カ月、151社(6.3%)は1年以上の時間が必要であると回答した。 企業は、政策の意思決定に際して企業を支援することに政府がより注意を向けなければならないと考えている。重要な措置としては、税・社会保険料の減免、経費の割引、企業が借入・借り換えを行うための政策があげられる。今回のアンケート調査は、コロナウイルスの予防・検疫措置の導入後3カ月たった時期を対象とした。調査結果は、予防・検疫措置が、卸売・小売業ならびに自動車およびオートバイの修理業、宿泊・飲食サービス業、教育の事業に継続的に悪影響を与えると予想される。

To tackle the COVID-19 outbreak, the Mongolian government issued governmental resolution No.30 on 26 January 2020, closing all schools, kindergartens, vocational and technical education training centers, libraries, cinemas, cultural and convention venues, sports centers, internet café, electronic gaming centers, and other public centers from 27 January. The ban remains in effect to this day. In this regard, the National Statistics Office of Mongolia (NSO Mongolia) conducted an open online survey from 1 April to 20 May 2020, to study "the Impact of the Coronavirus Prevention and Quarantine Measures on the Activities of Enterprises and Household Livelihoods". The survey asked 2402 enterprises to what extent these measures had affected their business operations. 1113 companies (46.3%) answered that they could operate routinely, while 1289 companies (53.7%) assessed the impact negatively. Among others, companies involved in the wholesale and retail trade, education, and accommodation and food service sectors labelled the negative impact of the governmental anti-COVID-19 measures on their activities as significant. Furthermore, 1538 companies (89.8%) reported an inability to run at full capacity due to the measures. The ratio of fully operational companies was 22.1% in trade sectors, 11.8% in accommodation and food services, and 10.8% in the education sector. 2234 companies (93.0%) stated experiencing difficulties in sustaining operations. They complained about financing (48.2%), a drastic decrease in the number of customers (44.9%), difficulties in paying wages and social insurance (27.8%), in paying corporate income tax and other fees (24.1%), in making loan and interest repayments (23.8%), suspension of the operation until the end of quarantine (22.0%), and a sharp reduction in production and services (19.3%). 2036 companies faced revenue reduction: by more than 50% (889 companies); 41-50% (322); 31-40% (276): 21-30% (260); 11-20% (166); up to 10% (123). The survey also revealed that wholesale and retail trade, and automotive and motorcycle maintenance enterprises experienced revenue reduction most severely. 860 companies (35.8%) gave their employees paid leave and set conditions for working from home. 360 companies (15.0%) have deferred loans and repayments, while 2042 enterprises did not. When the survey was begun, the number of enterprises implementing the prevention and quarantine measures was relatively small as the government had just introduced the course of action to support economic activities, household livelihoods and to protect against the spread of the coronavirus. The survey confirmed that companies need time to prepare for a return to normal operations after introducing the coronavirus-related measures: up to 3 months for 631 companies (26.3%); up to 3-6 months for 442 (18.4%); up to 6-12 months for 341 (14.2%); more than one year for 151 (6.3%). The companies considered it vital for the government to pay more attention to supporting enterprises in their policy implementation and decision making. Essential measures include discounts on tax and social insurance payments, discounts on operating expenses, and policies that enable enterprises to obtain loans and/or defer loan repayments. This survey covered the three months following the introduction of the coronavirus prevention and quarantine measures. Based on the survey results, these measures are expected to continuously affect business activities negatively in the wholesale and retail trade, accommodation and food services, and education sectors.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050006050754846848
  • ISSN
    2432-9304
    2435-5305
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1727/00000373/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ