【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ドイツ刑事判例研究(99)口腔内への放尿行為による性的虐待の加重類型 StGB§§176 Abs. 1, 176a Abs. 1 Nr.2

書誌事項

タイトル別名
  • ドイツケイジハンレイケンキュウ(99)コウクウナイヘノホウニョウコウイニヨルセイテキギャクタイノカジュウルイケイ StGB§§176 Abs. 1, 176a Abs. 1 Nr.2

抄録

児童の口腔内への放尿行為と,児童が行為者の口腔内へ放尿した行為は,これまでの判例と学説に照らして,共に性関係的な行為であり,性交に類似するものであるとし,刑法176条a第2項のいう身体への挿入に該当するとされた事例。

収録刊行物

  • 比較法雑誌

    比較法雑誌 53 (4), 363-376, 2020-03-30

    日本比較法研究所

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050006050759160448
  • ISSN
    0010-4116
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1648/00012771/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ