【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

平安中期奄美嶋人西海道諸国侵入事件に関する一考察

書誌事項

タイトル別名
  • A Study of the Saikaidou People’s Invasion of the Heian Middle Amami Island in Heian Middle
  • ヘイアン チュウキ アマミ シマビト サイカイドウ ショコク シンニュウ ジケン ニ カンスル イチ コウサツ

抄録

本稿では、平安中期奄美人が西海道諸国の中で最初に襲撃した大隅国の事例を取り上げ、最初に襲撃された理由と大隅国の襲撃が大宰府により朝廷に報告されなかった理由について考察した。その結果大隅国は、他の西海道諸国よりも奄美嶋人との交易量が多かったと考えられる事、奄美嶋人との交易量の多さから大宰府とも激しい対立関係にあり、大隅国の受けた打撃をより深刻化させる目的で大宰府は奄美嶋人の大隅国襲撃事件を朝廷に報告しなかったと考えられる事を明らかにした。

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050006065585179520
  • ISSN
    2435-9793
  • Web Site
    http://hdl.handle.net/10232/00031644
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ