【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

保幼小連携におけるアプローチカリキュラムに関する研究の動向と課題

書誌事項

タイトル別名
  • Trends and issues of research on “Approach Curriculum” as cooperative education among Nursery, kindergarten and elementary school in Japan

この論文をさがす

抄録

国際的に幼児教育への注目が集まる中、就学前から小学校への円滑な接続が求められている。保幼小連携教育のうち、就学前は「アプローチカリキュラム(AC)」と呼ばれる。本研究の目的は、ACについて言及された研究の動向を整理し、今後の課題について検討することにある。関連する文献を、ACの考え方、実態、行政および現場における取り組みに対する分析・評価という視点で整理した。保幼小連携の出発点は小1プロブレムにあることは否定できないものの、ACには小学校の準備教育ではないことを前提とする「連続性」が求められる。しかしながら、多くの事例でカリキュラムの具体化への現場の苦慮が示唆された。また、行政主導による現場の連携とともに、現場間の連携が課題である。さらに、カリキュラムの有効性の検討は少ない。保育者養成機関による、それらの連携への関与や、カリキュラムの科学的検証が求められる。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ