【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Hankel type Pfaffians and the associated Jacobi polynomials (Recent advances in combinatorial representation theory)

HANDLE オープンアクセス

この論文をさがす

抄録

もともとの動機は平面分割の数え上げであるが,ここでは独立に行列式とバフィアンの評価の方法について研究する.特に,バフィアンの計算と直交多項式の関係を述べる.その過程で,より一般化した超バフィアンの枠組みの中で公式を述べることが可能である.この話はリヨン大学のJiang Zeng氏との共同研究である.この話はMasao Ishikawa and Jiang Zeng, "Hankel hyperpfaffian calculations and Selberg integrals", arXiv:2008.09776に基づいている.

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050007846241149184
  • NII書誌ID
    AN00061013
  • HANDLE
    2433/264898
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ