【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

インド・カチュ村における震災復興のための参加型アプローチに関する研究

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Participatory Approach for Post-Earthquake Reconstruction in the Villages of Kachchh, India

この論文をさがす

抄録

2001 年の地震により、インド・グジャラート州カチュ地域は壊滅的な被害を受けた。これを受けグジャラート州政府によって立てられた再建復興計画は、3つの異なるアプローチで展開された。本稿では、これら3つのアプローチにおけるコミュニティの参加の質的・量的な評価を、「生命体システム(Vitae System)」の考え方に基づいて行う。本研究の結果は、災害からの回復力(Resiliency)に富むコミュニティの形成に関して、有用な知識を供する。

In 2001, an earthquake devastated the Kachchh region of Gujarat state, India. While responding to it, the rehabilitation and reconstruction policy taken by the Government of Gujarat unfold three emerging approaches of reconstruction process. In this paper, the extent and nature of community participation in these three different approaches has been evaluated in the light of ‘Vitae System’ paradigm. The end results help to understand how post- disasters response can be better made to relate to development to get a disaster resilient community.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282676667349760
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/26609
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ