【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

日本におけるレーザーひずみ計観測の進展

書誌事項

タイトル別名
  • Progress of Laser Strainmeter Observations in Japan

この論文をさがす

抄録

わが国におけるレーザーひずみ計(伸縮計)観測の発展の経緯を概観した後,京都大学で行われてきたレーザー伸縮計観測の結果をやや詳しく述べるとともに,ホログラフィ及び電子式スペックル・パターン干渉法(ESPI法)を応用した地殻ひずみ・応力測定装置の開発の経緯についても簡単に説明した。防災研究所におけるレーザー伸縮計観測から得られたダム水位変化や地下水汲み上げに起因するひずみ変化,広域地下水変化とひずみ変化などは,今後,水と地殻ひずみ変化の関係を考える上で興味深い観測事実である。

This manuscript describes progress of laser strainmeter observations in Japan including holography and ESPI application for precise ground-strain measurements. A laser strainmeter is the most reliable and stable instrument for use of crustal strain measurements, because it enables the small strains to be measured quantitatively in terms of the wavelength of laser light without using a length of any solid materials. Based on observational data obtained from laser extensometers at Amagase, remarkable strain changes associated with groundwater level changes were found out.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ