CiNii Researchの本公開について

コンフリクトの解決の過程:鳥取県市瀬集落における災害マネジメントの事例調査

書誌事項

タイトル別名
  • The Process of Conflict Resolution: A Case Study of Ichinose Disaster Management Conflict, Tottori Prefecture, Japan

この論文をさがす

抄録

ゲーム理論に基づいたコンフリクト解決のグラフモデルを、鳥取県智頭町市瀬集落において進行中のコンフリクト分析に適用した。本コンフリクトは、県が災害緩和のための行動をとるよう命じたのに対して、地域企業がこれを拒絶したときに生じた。対立が生じた原因と、議論の進展の過程を理解するためにこのコンフリクトを2段階に分けて分析した。得られた均衡解は、本ゲームにおいて可能な解決シナリオを明示するのに有用である。効果的なコミュニケーションとプレイヤーの能力が、状況を改善するために不可欠の要因であることが示された。

Graph model for conflict resolution, a game theoretic based approach is used to analyze the on going conflict in Ichinose community, Chizu Town, Tottori Prefecture, Japan. The conflict arose when the local company refused to take a possible action for disaster mitigation as ordered by the prefecture government. Two different phases of this conflict are analyzed in order to understand why the confrontation occurred and how the disputes evolved over time. The equilibria help to manifest the possible solution scenario in this game. It is recommended that the effective communication, player’s capability are essential factors which can help to move the situation in a better way.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ