CiNii Researchの本公開について

山地流域における土砂生産-高原川流域における観測研究-

書誌事項

タイトル別名
  • Sediment Production in a Mountainous Watershed- An Observation Research in Takahara River basin-

この論文をさがす

抄録

流域土砂管理においては,土砂生産の実態を時系列的に解明し,生産土砂の量と質を予測するモデルを構築することが重要である。本研究では,高原川流域で行われている個々の裸地における土砂生産の直接的観測および一つの流域における間接的な土砂生産量の解析から,凍結融解や降雨に起因した土砂生産の特性について検討した。その結果,通常時,凍結融解によって作られる土砂生産場の状態が生産土砂量に大きな影響を与えるため,生産土砂量は降雨量とあまり相関がないことなどが示された。

Various phenomena such as turbid flow, sediment transport, riverbed erosion and sediment deposition influencesthe river environment including eco-system along the sediment movement path. In the integrated sedimentmanagement for these phenomena, it is very important to consider the sediment production process as time series ofproduction events. Moreover, it is also important to develop the predicting model of the sediment production. In thisresearch, the characteristic of the sediment production due to the freezing and thawing and the rainfall is examinedfrom the data analysis of the sediment production volume observed in the Takahara river basin. As a result, thesediment production volume is strongly dependent on the number of freezing and thawing events.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ