CiNii Researchの本公開について

京都盆地水系における地下水水質の空間特性の解析とその経年変化

書誌事項

タイトル別名
  • Analysis of Spatial and Temporal Distribution Characteristics of Groundwater Quality in Kyoto Basin

この論文をさがす

抄録

京都盆地水系における将来的な水資源の利用可能性や水環境保全を検討する上では,表流水のみならず地下水の水量・水質特性を明らかにするとともに,その利用状況や汚染源の把握が重要となる.本研究では11年間の地下水水質観測データをもとに,ヘキサダイアグラムとトリリニアダイアグラムを用いて観測各地点の溶存イオン特性に基づいた水質類型の判定を行い,次いで他の水質項目を加えたデータについて主成分分析およびクラスター分析を行い,水質特性の類型化を行った.以上の結果から地下水水質の空間分布特性および経年的な類型変化について解析し,水質特性を形成する要因について考察した。

It is important to investigate and analyze the water budget and the material balance in comprehensive basin-wide for conservation and utilization of the water resources. Especially, it refers to water resource management for the future and emergency water supply, too. In this study, groundwater quality in Kyoto basin is analyzed in order to classify water quality characteristics with concentration of some anion, kation and other pollutants. These results show spatial and temporal distribution characteristics of groundwater quality and they can be used for identification of aquifer and calibration and verification of hydrodynamics of groundwater flow model and water quality model in Kyoto Basin.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ