CiNii Researchの本公開について

グローバルモデルを用いた植生起源炭素フラックスの季節変化の研究(2)~北半球中高緯度における季節変化~

書誌事項

タイトル別名
  • A study of seasonal variation of carbon flux from the biosphere using the global models (2):Seasonal variation at mid-high latitudes in the Northern Hemisphere

この論文をさがす

抄録

植生と土壌における炭素移動を計算する陸上生態系モデルと大気輸送モデルとを用い,統合的なシミュレーションを行った。陸上生態系によって放出/吸収される炭素フラックスの季節変化は特に北半球の中高緯度において大気中の二酸化炭素分布に重要な役割を果たしているが、シミュレーション結果と観測値との間には濃度の季節変化に関して幾つかの相違点が見られた。その相違点を詳しく検討し原因を調べた結果、現在の陸上生態系モデルの特徴や問題点が明らかになりモデルの再現性向上のための課題が示された。

1990’s atmospheric CO2 distribution was simulated using global terrestrial ecosystem model (Sim- CYCLE) and three-dimensional transport model. The calculated CO2 value had some discrepancies with observation as for its seasonal variation at middle and high latitudes in the Northern Hemisphere. This is due to the carbon flux computed by Sim-CYCLE, and detail analysis of the flux showed longer and weaker absorption of the model compared with real terrestrial ecosystem.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ