CiNii Researchの本公開について

メソ気象モデルを用いた降雨場の時間積分過程の解析

書誌事項

タイトル別名
  • Analysis of the temporal accumulation process of rainfall distributions using mesoscale meteorological model

この論文をさがす

抄録

近年, 防災および水資源工学的な立場から, 対象流域の地形特性を考慮した降雨の時空間分布特性の解明が強く求められている。そこで, 本研究では降雨分布に対する地形効果発現のメカニズムの解明を目的として, メソ気象モデルMM5を用いた数値シミュレーションによる降雨場の地形依存特性の解析を行った。その結果, MM5が比較的高い精度で降雨分布を再現できる能力をもつことを確認するとともに, 地形の空間解像スケールが降雨一地形関係の変動に与える影響を明らかにした。さらに, 水平風速と降雨分布の地形依存性の度合いとの間に強い相関があることを明らかにすることができた。

The purpose of this study is to analyze the mechanism of topographic effect on rainfall distribution by using the mesoscale meteorological model MM5.As a result of the numerical simulation, it is shown that MM5 have an ability which reproduce rainfall distribution accurately, and the influence is made clear which the spatial resolution of topography have on the relationship between topographic elevation and rainfall distribution.Additionally it is made clear how the relationship change as the wind velocity increase.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ