【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

災害ボランティアセンターの機能と課題 -宮城県北部地震を事例として-

書誌事項

タイトル別名
  • Functions and Problems of Disaster Volunteer Center-A Case of Miyagi Earthquake 2003-

この論文をさがす

抄録

2003年7月の宮城県北部を震源とする地震の被災地での参与観察結果を題材とし,災害ボランティアセンターの機能と課題について検討した。被災地で立ち上がった2つの災害ボランティアセンターは,被災地外からの災害NPOと,社会福祉協議会をはじめとする地元組織が中心となって設立された。災害NPOは災害救援の経験とノウハウを地元団体に伝えるだけではなく,災害ボランティアセンターの全貌をいかに簡潔に伝えていくかということが問われた。また,災害ボランティアセンターには,地元組織間の連携を進めて,長期的に地域づくりを促進する機能があり得ることが明らかとなった。災害ボランティアセンターの迅速な立ち上げを支援するツールの開発が必要であることを指摘した。

The present study examined functions and problems of disaster volunteer center, according to our participant observations at the 2003 Miyagi Earthquake. Two disaster volunteer centers were established through cooperation between local organizations such as councils of social welfare and disaster non-profit organizations outside of the affected regions. The comparison led us to conclude that disaster NPOs are supposed to provide not only their own experiences in other disaster fields, but also the whole picture of disaster volunteer centers, which are different from the regional volunteer centers for the peach time. It was suggested that a disaster volunteer center may longitudinally affect re-activating relationship among local organizations for the community reconstruction. Based on the positive functions of disaster volunteer centers, it is required for disaster NPOs to develop a tool for encouraging the establishment of disaster volunteer center.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ