【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

分布型流出モデルを用いた流域スケールでの水利用環境の評価

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Water Use Environment Assessment at Basin-wide Scale using Distributed Runoff Model

この論文をさがす

抄録

持続可能な水利用環境を考えるためには,流域スケールで,日あるいは旬といった単位で,水の移動と収支・水利用の関係を,表流水・地下水の両社を含めて,定期的に把握することが重要になってくる.そこで、本研究では時空間分布を考慮できる分布型流出評価モデルHydro-BEAM(Kojiri,2006)を用いて,地下水取水を加味した長期流出解析を行った。これにより,実際に観測することが困難である地下水を降雨量,河川水,蒸発量といった水収支から計算し,流域スケールでの地下水の時空間分布特性の把握を行うことで,流域内の表面流出・中間流出・地下水流出を統合的に捉え,地下水取水による水利用環境の評価を試みた。

Combined use of surface water and ground water is recently getting more important. Appropriate management is indispensable for effective and sustainable ground water use. In order for proper management of ground water use, basin-wide understanding of water balance in time and space is important as well as detailed water flow analysis in rather small influence zone of well pumping. From this view point, long term runoff simulation has been carried out with the combination of surface, subsurface, and ground water. Then the spatial and temporal impact of water withdrawal on ground water environment is estimated by several cases.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282677154755456
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/129358
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ