【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

多電子系の動力学と新しい素励起描像(第45回物性若手夏の学校(2000年度)(その1),講義ノート)

HANDLE オープンアクセス

この論文をさがす

抄録

今までの物性物理学は,自由電子ガスモデルに代表されるように,電子間の相互作用効果を弱いものと考えて発展してきた。この考え方が多くの場合に正当であることは,半導体や金属のバンド理論の成功によって立証されてきた。しかし1980年代以降,分数量子ホール効果に代表されるように,電子間の相互作用が本質的に重要になる現象が複数の分野で見出され,相互作用効果を摂動諭によらずに,(しかもできるだけ直感的に)理解する必要性が認識されてきた。私見によれば,この必要性に応えるのが新しい素励起描像である。この講義では,電子が多数集まることによってはじめて生ずる性質を,具体的な現象をとりあげて説明し,それを理解するための理論的基礎について講義する。

この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

講義

収録刊行物

  • 物性研究

    物性研究 75 (3), 388-422, 2000-12-20

    物性研究刊行会

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282677276104448
  • NII書誌ID
    AN0021948X
  • ISSN
    0525-2997
  • HANDLE
    2433/96912
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ