【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

京都府・日吉ダム周辺の地震活動と湛水前後の活動の変化

書誌事項

タイトル別名
  • Variations in Seismic Activity Before and After the Filling Action in the Hiyoshi-dam in Kyoto Prefecture, northern Kinki district, Japan

この論文をさがす

抄録

ダムの湛水など環境変化に伴う地震活動の変化は, 災害防止の面からもまた地震発生機構の解明からも興味深いことである。京都府船井郡日吉町に建設された日吉ダムでは, 1997年3月に湛水が開始された。ダム湛水に伴う地震活動変化を検出するため, 当該地域で地震観測を実施し, 長期間の定常観測網のデータと併せて解析し, 地震活動の変化を詳細に調査した。その結果, 1995年兵庫県南部地震の後の, 地殻が少しの刺激でも敏感に反映し, 誘発地震を発生させうるような時期にもかかわらず, ダム付近の湛水に伴う顕著な地震活動の変化は観測されなかった。キーワードダム誘発地震, 誘発地震, 日吉ダム, 殿田断層, 地震活動

Induced earthquakes accompanied with the filling action of the Hiyoshi-dam, in the Northern Kinki district, Japan are studied from the data of the small temporary seismological observation network near the dam-site and the routinely operated network.The filling action of the dam was executed on Mar. 17, 1997, about three years after the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake of M 7.3, which is about 80km southwest from the dam-site. Seismic activity is activated by the big earthquake even in the dam-site.Therefore the area is thought to be sensitive to the changes in the stress or strain.However, the change in the seismicity is not found during and after the filling action of the dam, from the detailed analyses of the data.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ