【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

性染色体異常者の手掌紋理における特性

書誌事項

タイトル別名
  • セイ センショクタイ イジョウシャ ノ シュショウ モンリ ニオケル トクセイ
  • Dermatoglyphics in Klinefelter's Syndrome, Super-female and Turner's Syndrome

この論文をさがす

抄録

Klinefelter症候群10例, Turner症候群5例, Super-female症候群6例, 合計21例の性染色体異常症例を対象とし, (1)指紋, (2)総隆線数, (3)a-b隆線数, (4)atd角, (5)指間紋理, (6)小指球紋, (7)拇指球紋等7つの点について, 手掌紋理を調査し, 他の文献との比較検討を試みた。Klinefelter症候群において, 総隆線数, a-b隆線数, atd角の減少が認められた。これらの結果は他の文献結果とよく一致するものである。各症候群において, 小指球部の紋型の出現率は対照のそれより高い傾向を示した。

Dermatoglyphic analysis on finger and palm of 21 cases with X-chromosome abnormality are done. They are devided into three groups; 10 males with XXY or XY/XXY, 6 females with one or two additional X-chromosomes and 5 females with X0 or a partial deletion of one X-chromosome. Total digital ridge-count for both hands in genotype XXY is significantly smaller than this in controls, and the maximal atd angle of XXY was found to be narrower than this of controls, Hypothenar patterns are incresed in the three groups above mentioned compering with controls.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ