【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

集合住宅における台所の研究(II) : 特に作業台について

書誌事項

タイトル別名
  • シュウゴウ ジュウタク ニオケル ダイドコロ ノ ケンキュウ 2 トクニ サギョウダイ ニツイテ
  • RESEARCH FOR THE KITCHEN IN THE MULTIPLE DWELLING HOUSE : ON THE WORKING TABLE

この論文をさがす

抄録

研究の目標と方法 : 日本住宅公団はModular Coordinationに対する研究の一環として, 台所作業台の標準設計をめざし, その手はじめとして昭和31年に相模女子大浜口みほ氏, Industrial Designer新庄晃氏を中心として「台所廻りの寸法と試作」その他の研究を実施した。……

On the study of working table in the kitchen, emphatically in case of the multiple dwelling house in our country, the "Nagare system" -it has preparation table and next placed in the order of the cooking table, sink and heating table-was superior beyond all comparison with the “Point system”-it has no preparation table and sink is placed in the center.

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ