CiNii Researchの本公開について

空間、時間、権力 : ポール・ヴィリリオと会う

書誌事項

タイトル別名
  • クウカン ジカン ケンリョク ポール ヴィリリオ ト アウ
  • Escape, temps, pouvoir : recontre avec Paul VIRILIO

この論文をさがす

抄録

ポール・ヴィリリオは、フランスの社会科学における最も独創的な理論家のひとりであり、彼の研究は空間、時間、政治をめぐって接合されている。ヴィリリオはその仕事の端緒において―1960年代という環境―、彼が打ち立てた「原理的建築」運動のなかで自らの革新的な考えを表現した。この概念運動の出版物のなかでヴィリリオは、「未来は権力と想像力の均衡に依拠する」と主張することによって、自律性と個別化のために、速度と加速度に抗する立場をとった。彼は基礎研究において、「都市秩序」を研究したが、その秩序は時間の発展に応じて分類される。……

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ