CiNii Researchの本公開について

〈論文〉学生の課題提出に及ぼす学内ポータルシステム使用の効果--FDに対する応用行動分析学の手続き

書誌事項

タイトル別名
  • 〈Articles〉 The effects of using campus portal system which favorably influence proposing of discussion issues

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

[概要] 近年多くの大学においてFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動の議論が多くなされている。 大学側も委員会を中心に様々な活動を行っている。 学生による授業評価は, 学部の授業を対象として実施されている。 学生と教員が双方向でコミュニケーションを図り, 学生の学習意欲の向上, 教員の教育力の充実を図り, 教育のQOL向上を目指すものである。 本研究は, 大学での学内ポータルシステムの効果を応用行動分析学の手続きによって検討することを目的とした。     [Overview] In recent years, Faculty Development (FD) activities at universities have been frequently debated. Universities as organizations are also conducting various activities through a central committee. Lecture evaluations by students are being carried out for subjects at the School of Administration. Students and teachers aim at mutual communication that can increase the students' will to study and the teachers' ability to educate, whilst improving educational QOL. This study aims to examine the effects of the campus portal system adopted by K University in 2012 through using applied behavior analysis.

[注記]髙道, 正能

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282677522142976
  • ISSN
    0450-2825
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1391/00012084/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ