CiNii Researchの本公開について

メチロトローフのセリン経路に関与する酵素とその応用

書誌事項

タイトル別名
  • メチロトローフ ノ セリン ケイロ ニ カンヨスル コウソ ト ソノ オウヨウ
  • Mechirotorofu no serin keiro ni kanyo suru koso to sono oyo
  • Enzymological characterization of the serine pathway in methylotrophs and its application

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

[Author abstract]A certain group of methylotrophic bacteria uses the serine pathway to assimilate one-carbon compounds, and 2-phosphoglycerate is synthesized as a precursor of cell constituents. The enzymes in the serine pathway are strongly induced when bacteria are grown on one-carbon compound. Most of these are not needed during growth on multicarbon compounds. Therefore, the synthesis of enzymes in the serine pathway are probably co-regulated at the genetic level. Little information about the regulatory mechanism is available, and there are few reports on the systematic characterization of serine pathway enzymes with use of a single methylotrophic strain. Here, such characterization and structural analysis of several serine pathway enzymes in Hyphomicrobium methylovorum GM2 were done.[著者抄録]メチロトローフはヘテロトローフが持たない独特な酵素反応を駆使してC_1化合物を資化しているが,これらの酵素はいかに進化過程において獲得されてきたかは不明瞭である。今回は,分子遺伝学的研究については触れていないが,メタノール酸化系遺伝子に関する解析では,ほぼ全てのメタノール資化性細菌において共通の遺伝子群が存在することが示されている。一方,C_1化合物資化経路についての分子遺伝学的解析はまだ少なく,ある特定の遺伝子群を獲得することによってC_1化合物資化能を獲得したのか,あるいは,一連の酵素遺伝子を寄せ木細工的に獲得した結果としてC_1化合物を資化しているのかが論議されている。メチロトローフ全般に関わるもう一つの課題として,C_1イヒ合物の酸化経路と資化経路の代謝制御の解明が挙げられる。すなわち,多くのメチロトローフはC_1化合物を酸化してエネルギーを得る一方で,多大なエネルギーを消費しながらC_1化合物を資化しているため,両者のバランスが保だれて初めて生育が可能となっている。この制御系に関連する研究はまだ手がつけられていないが,メチロトローフを物質生産などに積極的に利用しようとする場合には解明すべき課題である。

記事区分:総合論文

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282677533201792
  • ISSN
    0453-8889
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1391/00004880/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ