【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

MW94-161 ストリップ線回路のモードインピーダンスによる解析 -高次モードを考慮して-

書誌事項

タイトル別名
  • Analysis of strip-line circuit based on mode impedance including higher mode impedance.

この論文をさがす

抄録

type:Article

従来、マイクロ波帯での各種ストリッブ線回路は伝送線路理論を用いて解析・合成されてきた。しかし、実際のストリップ線回路は2次元的に広がった回路となり、 1次元伝送線路としてよりも2次元的広がりを持つ平面回路として取り扱う方が合理的である。この平面回路を回路論的に解析するために、平面回路を伝送線路部及び接合回路部に分割し、各部での高次モードを含んだモードインピーダンスを定義し、これに基づいて回路方程式を構成し、この方程式を解くことにより原理的に入出力特件を計算することができる。ここでは一般論を述べた後で、1段スタブ形フィルタ回路及び2分岐ハイブリッド回路に本解析法を適用し、適応可能性を確認した上でモード数による収束件を検討した。

So far, various microwave strip-line circuits have been analyzed and synthesized based on transmission line theory. However, practical strip-line circuit can be understood as a two-dimensionally extended circuit. Hence, it is reasonable to treat the strip-line circuit as a two-dimensional planar circuit rather than one-dimensional transmission line circuit. In order to analyze the planar circuit based on the conventional circuit theory, the planar circuit is divided into transmission line part and junction circuit part, and mode impedance including higher modes are defined properly for each part. Then, circuit equations are formulated in terms of mode impedance and then input/output characteristic can be calculated by solving these equations. In this report, firstly general method is described and then is applied to 1-stage stub filter circuit and two-branch line hybrid circuit. Validty of the method is confirmed by these examples and then convergence behavior with mode number is investigated.

rights: 社団法人電子情報通信学会

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ