【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

幼児における笑いの発達 : SmileとLaughterの違いに注目して

書誌事項

タイトル別名
  • The Study of Smile and Laughter in Infants
  • ヨウジ ニオケル ワライ ノ ハッタツ SMILE ト LAUGHTER ノ チガイ ニ チュウモク シテ

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は幼児(4歳児、5歳児、6歳児)の笑いを、年齢要因、性別要因および状況要因から検討することである。保育園の中での日常生活において比較的長期にわたる自然観察によってデータを収集した。 エピソード分析の結果、①笑いの出現頻度は年齢だけで変化するのではなく、年齢と状況の交互作用があること、②Laughterは女児よりも男児において出現頻度が高いこと、③Smileが出現しやすい状況とLaughterが出現しやすい状況が異なることなどが明らかになった。Smileは社会的挨拶および達成場面で多く出現し、 Laughterは社会的遊びと感覚的場面で出現しやすいことから、最後に2種の笑いメカニズムについての議論を行った。

The purpose of the present study is to find factors affecting the appeatance of“smile”and “laughter”in infants(four-five-and six-year-olds). Data were collected by natural observation method in a kindergarten. The main results of the analyses are as follows. ①The apPearance of smile and laughter is determined by age, situation and・ their interactlon・ ②The apPearance of laughter is more frequent in boys than in girls・ ③Although smile is often observed in the situations of greeting and achievement・the frequency   of laughter was higher in those of social playing and feeling.   Also discussed are the two types of mechanism of smile and laughter.

identifier:http://hdl.handle.net/10959/2019

収録刊行物

  • 人文

    人文 1 113-125, 2003-03-25

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ