【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

コーンスターチ製造工業における副産物「コーンスティープリカー」の高度利用に関する研究 : 第1報 コーンスティープリカー培地における乳酸資化性酵母の検索

この論文をさがす

抄録

乳酸合成培地とコーンスティープリカー培地を用いて乳酸資化能の高い酵母の検索を検討した。(1) コーンスティープリカー培地における乳酸資化能の最も高い酵母菌株は<special>S. cerevisiae IAM 4125</special>である。(2) 乳酸資化能の高い酵母を培養すると,培養終了時にpH 7.0 付近まで上昇する。(3) コーンスティープリカー培地のがpHと酵母増殖の関係を調べるとpH無調整(pH 3.6付近)のコーンスティープリカーに充分に生育しpH調整はむしろ増殖に不利な結果となる。(4〉 NaOHで培地のpHを調整すると,培地中の乳酸がNa塩になるため酵母の乳酸資化能が低下する。(5) <special>C. utili C-31</special> 培養後の培養液の匂いが悪く,一方<special>S. cerevisiae IAM 4125</special>の培養液は弱いアルコール発酵臭を伴う芳香臭が得られ,餌飼料用としても好ましい菌株である。

Although corn steep liquor (CSL) is well-known as an essential component of a microbial medium for the production of aritibiotic, CSL is mainly used a feed for animals. CSL is, however, troublesome to handle in processing it as feed for animals because of its viscous liquid state attributable to the lactic acid contained in CSL. The removal of lactic acid from CSL was tested by using a yeast capable of growing in a medium cotaining lactic acid or CSL as a sole source of carbon. Ten strains of yeast were selected from the 28 collected in the first screening. Two strains, <special>Saccharomyces cerevisiae IAM 4125</special> and <special>Candida utilis C-31</special> were Selected with the second screening, and the former was finally adopted for the Project as a result of an excellent smell of the culture broth. As the latter had a bad smell, it was inadequate as fodder for animals. The removal of lactic acid in CSL with <special>S. cerevisiae IAM 4125</special> was almost perfect and led to the solidification of CSL after drying. As initial pH value (3.6)of the CSL medium rose to pH 7.0 during final stage of the culture, and adjustment of the initial pH value for CSL with sodium hydroxide was not satisfactory for the yeast culture.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ