CiNii Researchの本公開について

方言研究におけるGIS の活用に関する一考察

書誌事項

タイトル別名
  • A Study on the use of GIS in dialect research

この論文をさがす

抄録

方言研究において言語地図の重要性はよく知られている。しかし,言語の分布だけが注目され,地形や道などの影響を考慮した言語地理的なアプローチは十分になされていない。本論文では,まず,日本言語地図(LAJ)における位置情報の扱いについて概観し,その位置情報から経度緯度になおす考え方を解説した。次にLAJ のデータを使ってGIS で3つの違う地図に重ねた言語の分布図を作成した。そこから,GIS で言語分布図を描く有効性について述べ,最後に,方言研究でGIS を利用するための障害について議論を行った。基盤の地図ファイルなどの方言研究のためのGIS の環境を早急に整えることが必要であるという結論を得た。

The importance of the language map is well known in the dialect study. However, only the distribution of the languagehas been noted, the language geographical approach that takes into account the influence of terrain and roads not beenenough. In this paper, first, an overview of the handling of location information in Linguistic Atlas of Japan (LAJ) andexplain the idea to convert from that position information to latitude and longitude. Then we create a distribution charts oflanguage superimposed on three different map in GIS using data of LAJ. Then we describe the effectiveness of drawing alanguage distribution map by GIS. Finally, we discuss the obstacles to using GIS in dialect research. It was concluded that itis necessary to adjust the GIS environment for dialect research, such as a foundation of the map file.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ