【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

数値気候モデル出力を用いた時空間高解像度降水分布の推定

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • Estimation of High-Resolution Precipitation Distributions in a River Basin from Outputs Simulated by a General Circulation Model

この論文をさがす

抄録

気圧パターン分類法を用いて,気候モデル出力から日本域の高解像度降水分布を推定するダウンスケーリング手法を開発した。現在条件で推定した降水分布は気候モデル出力よりも観測に近く,本手法が有効であることが示された。現在および将来条件下で推定した降水分布を入力した流域モデル結果から,利根川上流域では温暖化に伴い春~夏に降水量が減少し,また融雪期が早まりその量も減少するため,流量が減少することが示された。

We provided a downscaling technique which estimates sub-grid scale precipitation distribution from outputs simulated by a general circulation model, with a method classifying spatial distribution of sea level pressure around Japan. Downscaled precipitation distribution for the present-day climate show much better agreement with the observations than the raw model output, suggesting that our downscaling technique is reasonable. When the downscaled future and present-day precipitation distributions are putted into a basin model, it is estimated that discharge in the Tone River will decrease from spring to summer because the precipitation and snowmelt decreases due to the global warming.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282810507688064
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/26664
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ