【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

河川流域における環境影響物質発生領域の特定手法の開発

書誌事項

タイトル別名
  • Development of a Method to Specify Source Areas of Environmental Impactsin a River Basin

この論文をさがす

抄録

清浄な水資源循環の回復に貢献することを目的として,河川水質悪化の原因の1つであるノンポイント負荷の発生領域を特定する手法を提案する。本手法では,過去に計測された環境影響物質の時系列データとそのときの降雨量時系列データおよびGISを使うことにより,解析によって発生領域を短時間で特定する。ここで扱うノンポイント負荷は,対象流域に降雨があったときに環境基準点で環境影響物質が増加する分と定義している。本報では,環境影響物質としてCODを取り上げ,特定手法の開発とその適用例を示す。

In this research, the authors developed a method to estimate contaminant source areas of nonpoint load by analyzing the time series environmental impacts data in the river and the change of the time series rainfall distribution of the river basin, and focused on the outflow of nonpoint load mainly by the rainfall. In this research, TCBM, water quality data, RADAR rainfall data and GIS are combined. At first, the authors made a map that was colored in accordance with coefficients of correlation for each mesh to analyze, then considered the contaminant source areas by this map and GIS data (ex. Land used data, Altitude data etc.).

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ