CiNii Researchの本公開について

阿武隈川の土砂排出速度

書誌事項

タイトル別名
  • Sedimentary Efflux Rate of the Abukuma River

この論文をさがす

抄録

仙台湾の海底や仙台平野を構成する土砂の主要な供給源の一つとして阿武隈川がある。近年、阿武隈川の河口に隣接する海岸の沿岸漂砂下手側海岸が侵食する傾向にあり、土砂供給源としての阿武隈川の特性が変化していることを示している。そこで、阿武隈川河口の周辺で実施されている、さまざまな機関の観測結果を収集してそれらを解析し、阿武隈川が海域に排出する土砂の、短期的および長期的な輸送速度を推定した。

The Abukuma River was one of the major sources to supply sediment constituting the bed of the Sendai Bay and Sendai Plain.However the north coast neighboring on the river mouth, which is the lee side for the long shore drift, has been eroded since about twenty years ago. It means that the role of the Abukuma River on the sedimentary source has been changed.sedimentary source has been changed. This paper evaluates the efflux rate of sediment in long and short time scale, by collecting data observed around the river mouth and by analyzing these data.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ