【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

天ヶ瀬観測室の新データ収録システムについて

HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • On the New Data Acquisition System in operation at the Amagase Observatory

この論文をさがす

抄録

地震予知研究センター天ヶ瀬観測室では、1995年から1996年にかけて、観測機器のセンサーを旧来の光学梃子光点読み取り式から作動トランス式に交換した。更に、伸縮計の基準尺の支持方式をローラー支持からベニオフ吊りに変更した。これらの改良によって観測機器の動帯域、最小分解能および周波数応答特性が大幅に向上した。改良された観測機器の性能を充分に生かすためには、それまで使用されてきた有線テレメータによるデータ収録システムの性能では不充分となったので、新たに計算機制御方式による新データ収録システムを開発した。

In interval from 1995 to 1996, extensometers and the water tube tilt meter being in operation at the Amagase observatory were reformed. Differential transformers were substituted for old transducers using an optical lever. For extensometers, the supporting structure of Benioff type was substituted for the old one using bearing pipes. With these reforming dynamic range, resolution and frequency response characteristics of measuring instruments were improved successfully Performance of the old data acquisition system was not enough to make use of high performance of measuring instruments. In order to use effectively measuring instruments reformed, a new data acquisition system was constructed.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282810569729664
  • NII書誌ID
    AN00027784
  • ISSN
    0386-412X
  • HANDLE
    2433/80522
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ