【10/4更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

A resonance theory consistent with Mulliken-population concept

HANDLE オープンアクセス

この論文をさがす

抄録

An analysis of the molecular orbital wave function from the viewpoint of resonance theory is proposed. This is an extension of our previous method to treat the conjugated-electron system. It enables us to calculate the weights of resonance structures being consistent with the Mulliken population as well as bond order analysis. The method has been applied to LiH, H2O, butadiene, and the SN2 reaction.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1050282810711450624
  • NII書誌ID
    AA11523800
  • ISSN
    0009-2614
  • HANDLE
    2433/158036
  • 本文言語コード
    en
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ