【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

変わる大学図書館 : 九州大学附属図書館のシステムデザイン

書誌事項

タイトル別名
  • A Paradigm Shift in Academic Libraries : System Design at Kyushu University Library

この論文をさがす

抄録

近年,テクノロジーの著しい進歩やコンテンツのディジタル化が進み,図書館でも冊子資料に加え,電子ジャーナルや電子書籍,学術データベース,機関リポジトリ,ディジタルアーカイブ,電子教材など,様々なコンテンツをWeb上で提供している.また,貸出更新や施設予約,図書購入,自著のセルフアーカイブなどのサービスもWeb化が進んでいる.九州大学附属図書館では,「すべてのWebサービスを統一的にデザインし,大学の学術コンテンツ基盤として有機的に機能させる」ことを基本コンセプトとし,標準的な技術を用いたユーザインタフェースの構築とデザイン,データ管理システムの統合を進めてきた.そのコンセプトと技術について紹介する.

収録刊行物

  • 情報処理

    情報処理 55 (5), 464-469, 2014-04-15

    情報処理学会

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ