CiNii Researchの本公開について

Relative fall of sea level within the past 3000 years

この論文をさがす

抄録

琉球列島石垣島の川平湾外にある風上側裾礁には平均低潮位よりも約60cm高く造礁サンゴ, サンゴモの生育していない平坦礁頂(reef crest)がみられる。この裾礁複合体から採取されたサンゴモ(Porolithon onkodes) 2試料, 造礁性サンゴ6試料(Acropora, Goniastrea, Porites属)の放射炭素年令は, この平坦礁頂が石灰藻嶺系ではなく1500~3000年前の礁突出部の残存地形であり, 当時は現在よりも少なくとも1.5m海水準が高かったことを示している。その後の相対的海水準降下によりその突出部は侵食をうけ現在の地形にまで平坦化された。 Radiocarbon dating of two crustose coralline algae (Porolithon onkodes) and six hermatypic corals (species of Porites, Acropora and Goniastrea) from a windward fringing reef complex off Kabira Bay, Ishigaki-jima (Southwest Ryukyus) reveals that the present-day reef crest exposing 60cm above the mean level of low tide does not represent a growing algal ridge system, but relics of a salient ridge grown between 1500 and 3000 years ago, when sea level stood at least 1.5m higher than the present. A later fall of the sea level has planed off the top of the ridge down to the present configuration where the erosion predominates over upward "sedimentation".

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ