【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

多文化主義教育言説の逆説 : エスノメソドロジー的視座からの一考察

書誌事項

タイトル別名
  • The paradox of multiculturalism as an educational discourse : From the ethnomethodological perspective
  • タブンカ シュギ キョウイク ゲンセツ ノ ギャクセツ : エスノメソドロジー テキ シザ カラノ イチ コウサツ

この論文をさがす

抄録

自由論文

本論文は、多文化主義教育言説の批判的解剖を試みたものである。ここでの「解剖」は、現実に流通している多文化主義教育言説が当の現象=言及対象のあり方に関与し、学校教育というリアリティの維持や制作に一役買っている局面に照準を合わせた。前半部で、通常の意味で多文化教育についての包括的な「理論」と見なされる「研究者」の言説を、J・バンクスの所論を手がかりに分析し、後半部では、筆者のフィールドワークのデータに基づいて、ある教室の授業場面である教師によって運用されている多文化主義教育言説を分析した。分析から多文化主義教育言説が、「現象記述と問題解決」といった額面とは裏腹に、社会的な力学や関係性の「事実性」の保持や、<いま=ここ>で生成する現実の隠蔽というメカニズムをビルド・インさせ、批判的視線や反省的意識が学校教育に及ぶのを阻害している点が明らかになった。私たちはそこに、多文化主義教育言説の大いなる「逆説」を見る。

The paper considered on the unconcisous logic and the presuppositions of multiculturalism as an educational discourse. Based on the analysis of discourse of the characteristic advocates of multicultural education, J. Banks, and the speech of teacher and pupils during lesson in the Japanese ordinary classroom, the author argued that although multiculturalism as a discourse suggests itself as a critics of education from a viewpoint of justice and equality in terms of racial/ethnic or other kinds of social background, it hides and makes invisble the societal nature of educational practice itself and its commitment to inequality or injustice. It was called "paradox" in this paper. The author thought that this invisiblizing operation treats social categories of people in school not as inner generative events but as the outside events that pervade "pure" school events. And the interactionist viewpoint inspired by ethnomethodology and conversation analysis can help to overcome such a methodological difficulties.

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ