【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

「言葉の使い方を振り返る力」を育てる学習指導 -小学校国語科におけるロールプレイの活用-

書誌事項

タイトル別名
  • A Guidance Plan for Developing the Skill of Reviewing Word Use - The use of role plays in primary school Japanese class
  • コトバ ノ ツカイカタ オ フリカエル チカラ オ ソダテル ガクシュウ シドウ ショウガッコウ コクゴカ ニ オケル ロールプレイ ノ カツヨウ

この論文をさがす

抄録

type:報告

type:Report

本稿の目的は、小学校国語科の授業においてロールプレイを用いた言語活動を行い、実践の意義と課題を考察することにある。ロールプレイとは、役割演技とも言われ、ロールカードによって与えられた役割や状況に応じた会話で演じる活動である。他者との会話を演じ、その活動を、教師や友達、自分自身の振り返りによって評価することにより、自分のコミュニケーションのあり方や良さを意識させ、それをクラス全員に共有させることがねらいである。そのためには、授業計画・伝え合い・振り返りという三つの要件が必要である。本論ではこの三つの要件を柱に据え「言葉の学びを振り返る力を育てる学習指導の要件」の有効性について検証していく。

The purpose of this paper is to discuss role plays in primary school Japanese classes and its use as a linguistic activity as well as the purpose and challenges of its actual practice. A role play is an activity where one acts out a conversation according to a given role and situation depending on the given role card. The purpose is whole class participation by increasing awareness of the whole concept and the benefit of communication through the assessment of reviewing interactions with teachers, friends and oneself. For this purpose there are three requirements, lesson planning, communication and reviewing. In this paper, having these three requirements as the pillars, it will examine the validation and the effectiveness of this guidance plan for developing the skill of reviewing word use.

identifier:http://bulletin.kobe-tokiwa.ac.jp/_src/643/p0758b8d93aa93n8dg.pdf

identifier:11

identifier:KJ00009208519

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ