CiNii Researchの本公開について

The Melancholy Hussar of the German Legion 論考

書誌事項

タイトル別名
  • A Critical Reading of The Melancholy Hussar of the German Legion

この論文をさがす

抄録

type:Bulletin

英国の小説家・詩人Thomas Hardyの短編小説The Melancholy Hussar of the German Legionはナポレオン戦争時代を背景に,イングランド南部丘陵地帯にやって来たドイツ騎兵部隊の一兵士とその地に住む娘との悲恋を描いた作品である。この作品は良く知られてはいるものの,ほとんど研究されておらず,単なるメロドラマに過ぎないといった低い評価を受けたりもしてきた。しかし,丁寧に読んでみると,この作品にはHardyがよく取り上げている人間の孤独,女性と結婚,愛と義務,更には上流階級批判といった重要な要素が巧みに織り込まれていて, Hardyの文学を理解する上で見落とせない作品となっている。また全体としては,女主人公Phyllisに共感する語り手によって語られる物語にノスタルジックな雰囲気が漂い,読後の余韻も深く,読者に忘れがたい印象を残す作品に仕上がっている。本作品は,小説家として円熟期にあったHardyの力量を随所に感じさせる優れた作品であると言って良いだろう。

identifier:群馬保健学紀要. 25, 139-148 (2005)

identifier:1343-4179

identifier:https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/handle/10087/1538

identifier:群馬保健学紀要, 25: 139-148

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ