CiNii Researchの本公開について

ダンス・エクササイズにおけるウォームアップとクールダウンが立位体前屈に及ぼす効果

書誌事項

タイトル別名
  • Effects of Warm-up and Cool-down Dance Exercise Activities on Standing Forward Flexion
  • ダンス エクササイズ ニオケル ウォーム アップ ト クール ダウン ガ リツイ タイゼンクツ ニ オヨボス コウカ

この論文をさがす

抄録

ダンス・エクササイズにおける、ウォームアップ、ダンス・エクササイズ、クールダウンの立位体前屈への効果を検証し、ダンス・エクササイズのプログラムのあり方を検討する事が本研究の目的である。女子学生を対象に、運動前、ウォームアップ後、ダンス・エクササイズ後、クールダウン後に立位体前屈を測定した。クールダウンの内容は、ウォーキングを主体とした場合と全身のストレッチを主体とした場合と2通りの測定を行った。結果、①ストレッチによるウォームアップ後に立位体前屈の数値の上昇が見られた。②ダンス・エクササイズ前後の立位体前屈の変化は、個人差がみられた。③ウォーキングを主体としたクールダウンは立位体前屈の数値に個人差が見られた。④ストレッチ主体のクールダウンはウォーキング主体のクールダウンより立位体前屈の値が上昇する傾向がみられた。このことから、ダンス・エクササイズのプログラムにおける柔軟性への効果の面で、エクササイズ自体ではなく、ストレッチによるウォームアップが重要であり、ウォーキング主体と比較すると全身のストレッチ主体のクールダウンのほうに効果がみられた。

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ