【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

小学校理科「流水の働き」における野外学習(I) -大分川と春木川における川原の石の比較-

書誌事項

タイトル別名
  • A Field Study of Function of Running Water in Elementary School Science (I) –A Comparison of Pebbles of the Oita River and the Haruki River-

この論文をさがす

抄録

type:Departmental Bulletin Paper

小学校理科の「流水の働き」の単元では、野外に出かけて実際の川を観察し、流れる水の働きと土地の変化の関係について学習を行う。川の上流と下流では川原の石の大きさや形に違いがあることをとらえる活動を児童が行うが、違いが分かりにくいことが多い。本研究では、大分川と春木川で川原の石(礫)の大きさや形の違いについて調査を行い、いずれの川も上流と下流では石(礫)の大きさや形には違いはあるものの、その差は小さいものであることを示した。形については円磨度の違いは気付くことが可能であるが、大きさについては視覚的には分かりにくいことを示した。

In order for pupils to learn the relationship between the function of running water and the change of ground surface, a field study class is prepared for observation. In the field study class, pupils are supposed to learn that sizes and shapes of pebbles on the riverside differ depending on the places they are found upstream or downstream. However, it is often observed that pupils do not understand these differences. In this study we have investigated the difference of sizes and shapes of pebbles along the Oita River and the Haruki River in the central area of Oita Prefecture in order to clarify the present condition. As a result of investigation, it is clearly seen that the difference of sizes is small. Therefore, pupils may not often recognize the difference of sizes. However, pupils can recognize the difference of shapes.

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ