【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

文系大学における理工系科目の講義について : 特に化学を中心として

書誌事項

タイトル別名
  • ブンケイダイガクニオケルリコウケイカモクノコウギニツイテ : トクニカガクヲチュウシントシテ
  • 教育実践報告

この論文をさがす

抄録

type:論文

我が国は工業国にも拘わらず中学・高校生をはじめ大学生も含めて科学への興味や関心が薄れ,科学力の低下が叫ばれている。まして文系大学においては科学すなわち理工系科目は少なく,もし高校で化学を選択せず,大学でも化学を包含する科目を履修しなければ,化学に接する機会がないと言える。 授業は高校で化学を選択しなかったもの,したものにも,また科学ならびに化学に興味をもつ学生を対象に,化学を中心とした最低限の基礎的知識,科学ならびに化学的思考を学んでもらい,日常生活,仕事,社会で我々はいかに科学並びに化学と深く関わっているか,またこれらに対して科学的・化学的思考と判断をし素養を身につけることを目的にしている。その講義,内容,講義スタイル,トピックス,学生から見た評価,試験と成績などについて春学期と秋学期に分けて言及し,文系大学における理工系科目のあり方を考える参考にしていただければと考えている。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ