CiNii Researchの本公開について

褐藻フクリンアミジのメタノール抽出物によるエゾアワビ稚貝の行動規制

この論文をさがす

抄録

アミジグサ科褐藻フクリンアミジのメタノール抽出物に対するエゾアワビ稚貝(平均殻長25mm)の選択行動を試験した結果,エーテル可溶部の中性部に強い忌避活性が認められた。エゾアワビ被面子幼生の着底,変態阻害物質である2種のスパタン型ジテルペンアルコールを含む中性部の第2次画分N-3部に対して,更に強い忌避活性が認められたことから,稚貝に対する行動規制もこれらの物質によって引き起されるものと考えられた。

identifier:460871

identifier:ZZ00008150

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ