【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ケナフ等有用植物を用いたトマト少量培地耕栽培からの廃液浄化

この論文をさがす

抄録

トマト少量培地耕栽培からの廃液浄化は、ケナフとシュロカヤツリグサなどの有用植物の混植により硝酸態窒素およびリンの浄化が可能である。現場での浄化には、ロックウール廃材を浄化植物栽培の支持材として用い、使用済み発泡スチロール容器を簡易浄化水路として利用することが可能である。

identifier:700812

identifier:ZZ20011749

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ