【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

集団情報化による農業情報化推進の可能性と方策の考察

書誌事項

タイトル別名
  • 愛媛県明浜町のM法人を事例として

この論文をさがす

抄録

近年各産業において情報化が進められているが、農業の情報化の進展速度は非常に遅い。パソコンの普及速度に比べてその経営への利用は、わずか10%の農家でしか行われていない。なぜこのような現状があるかというと、都市部とのパソコン・インターネット普及率の格差解消に主眼が置かれ、情報化の目的が明確に示されなかったためと、ネットワークを構築せずに個別に情報化を図ったためである。情報というものは集積しなければ大きな効果は得られない。メリットが得られないが故に利用されていないのである。そこで本稿では複数の農家が共同で情報化を行い、取り扱う情報量とその精度を増大させる事を「集団情報化」と定義し、M法人を具体的な事例として取り上げてその可能性について考察する。

identifier:701579

identifier:ZZ00014318

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ