【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

エビデンスに基づいたARの麻酔

この論文をさがす

抄録

生殖補助技術の中には、短時間だが強い痛みを伴うものがある。経膣的採卵には様々な麻酔法が用いられているが、不妊治療成績を考慮した上で最適な麻酔法は確立されていない。大部分の麻酔薬は、動物実験において、何らかの悪影響を卵細胞や受精卵に及ぼすことが報告されている。しかし臨床での短時間の使用で、現在一般的な麻酔薬が不妊治療成績に重大な悪影響をもたらしたとの報告はない。GIFの麻酔には全身麻酔が一般的であり、亜酸化窒素の使用は問題ないと報告されている。

identifier:712661

identifier:ZZ20020157

収録刊行物

被引用文献 (0)

もっと見る

参考文献 (0)

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ